うつ病の原因と治療

近年、うつ病患者が増加しており、大きな社会現象として話題になっています。
学校や職場に行くことができなかったり、ずっと寝てばかりいたりと、なまけものがなる病気であるという印象を持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際は全くの逆です。
うつ病には自分を追い詰めがちな「真面目な人」ほどなりやすいと言われているのです。
では、うつ病とは一体どのような病気なのでしょうか。
発症のメカニズムは完全には解明されてはいませんが、ストレスによる脳内物質の分泌量の変化のためであるという説が有力です。
セロトニンやノルアドネナリンと呼ばれる脳内物質が不足するため、脳細胞間の情報伝達が上手く行われないようになります。
こうなると、人は病的に無気力になり何もする気が起きなくなるのです。
代表的な症状としては、気分が落ち込みがちで憂鬱感が取れないこと、大好きな趣味にも興味がなくなる、眠れない、もしくは異様に眠い、思考力の低下、死にたいという気持ちになる、などがあります。
これらの症状は一時的に気分が落ち込んだ時にも現れやすいので、実際にうつ病かどうか自分では判断できないことが多いでしょう。
沈んだ気持ちがいつまでも治らないなど、疑わしい症状があれば、迷わず医療機関を受診してください。
うつ病の治療は基本的に心療内科や精神科での投薬で行われます。
現在処方されている薬は症状の緩和に非常に効果が高いとされています。
それに加えて原因となったストレス源を取り除くことも重要です。
仕事のストレスによるものであれば、休職する必要があることがあります。
医師に診断書を書いてもらい、仕事のことは忘れてゆっくりと療養しましょう。
そして重要な点として、治療の途中で薬の服用をやめないということを忘れてはなりません。
もうよくなったと思い込んで勝手に薬をやめると症状がぶり返し、慢性化してしまう恐れがあるからです。
治療中は医師の指示をしっかりと守り、長い目で見ながら克服していきましょう。

うつ病は気持ちだけでなく、体の変化や表情にも現れます

うつ病は、心がふさぎ込む病といわれていますが、気持ちの問題だけでなく、体や体調に変化が現れたり、周囲から見ていつもと違う点が増えることで、診断ができる場合もあります。
ショックな出来事や仕事等の失敗、人間関係の悩みなどから、落ち込むことは誰にでもあり得ます。
ですが、その状態がほぼ丸一日続いて、心が晴れる時間がなく、さらにその状態が2週間以上続くと、うつ病である可能性が高まります。
以下のような状況が、いくつか重なって長く続くようなら要注意です。
常に気分が落ち込んで、憂鬱ではありませんか。
何をしても楽しくない又は興味が湧かないことはありませんか。
特に、これまで好きだったことにも、やる気が出ない、面白いと感じなくなったら要注意です。
無性にイライラして声を荒げてしまったり、気分が落ち着かないことはありませんか。
思考力や集中力が落ち、仕事や勉強の能率が下がっていませんか。
疲れていても眠れない日が多くなったり、早くに目が覚めて眠れなくなること、一日中眠くて仕方ないのに夜になると眠れないといった、睡眠障害は起きていませんか。
自分に価値がないと感じたり、自分の存在を否定したり、生きていても仕方ないと思うことはありませんか。
自殺願望を抱くことはないでしょうか。
こうした症状が思い当たる場合は、注意しなければなりません、また、気持ちの落ち込みだけでなく、体に変化が現れるケースもあります。
たとえば、食欲がない、食べても美味しいと感じられない、体がだるいと感じたり、何をしてもすぐに疲れてしまうことはありませんか。
性欲がないケースも、当てはまります。
そのほか、肩こりや頭痛、胃もたれや便秘、消化不良のほか動機やめまい、口の渇きといった症状が現れるケースも少なくありません。
一方、家族や知人等から見て、これまでとは違う変化が生じている場合も要チェックです。
表情が暗く笑顔がなくなった、仕事が手につかなかったり、何をするにも反応が遅くなった、行動に落ち着きがなくなった、涙もろくなった、飲酒量が増えたといったことが挙げられます。