ソナタ・ジェネリックは依存性が低く副作用も少ない安全性の高い薬です。睡眠薬として特化した即効性も持ちあわせます。

ソナタ・ジェネリック

ソナタ・ジェネリック

ソナタ・ジェネリックは非ベンゾジアゼピン系に属する薬、睡眠に特化した薬です。ベンゾジアゼピン系の薬にアレルギーがある、相性が悪い等といったときにも使用されます。ベンゾジアゼピン系睡眠薬といえば、デパスやハルシオン、エミリン等が有名です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は効果の高さで服用する方は多い薬ですが、効果の強さ故にその作用を翌日まで持ち越してしまう事があります。翌日の眠気や気だるさ、依存性などが副作用として目立つ事も多かったのですが、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ではその副作用が軽減される事で使い勝手がよくなっています。

効果

朝の光景

非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬はベンゾジアゼピン受容体を選択し作用するので、副作用が発生してしまう可能性がかなり低くなりました。その代わり抗不安作用や筋弛緩作用は緩やかに作用する仕組みです。ですが睡眠に大きく関わるGABAの働きを促進して脳の活動を抑えるので、睡眠作用に対して即効性を期待でき、睡眠の質を良好に保ちつつ、依存性は低く副作用も少ないので、使い勝手のいい薬です。

筋弛緩作用や抗不安作用が緩やかなので、睡眠に重点を置いた薬とも言えます。睡眠効果時間も短いので、翌日の眠気やふらつきなどにも影響はしにくくなり、高齢者にも比較的使用しやすい薬でもあります。筋弛緩作用や抗不安作用が緩やかという多少のデメリットもありますが、深い眠りに入る事ができる為、途中覚醒率を低下させ睡眠の質を上げる事ができます。依存性も少ない為、服用前から依存性になるのではないかという心配が減ります。

睡眠に対しての効果は即効性があるので、ゆっくり眠気に包まれると言うよりも、いつの間にか寝ていて目覚めたら起床時間になっていたというものなので、翌朝の目覚めはすっきりしている事が多いでしょう。軽い不眠の方であれば、非ベンゾジアゼピン系でも問題なく質の高い睡眠を得られる事ができます。ただ、体質や相性などによっては効果がないという事もあります。

寝つきが悪い人に向いている薬なので、途中で何度も起きたり、起床時間より早く起きてしまい再度寝付く事ができないという場合は、効き難い事もあります。ただ、なかにはすんなりと眠れる事もあるので、やはり体質や相性による影響は少なからずあります。依存性は少ない薬ですが、効きが悪い、効果を上げる為にと乱用してしまうと、依存性を高めてしまうので注意が必要です。用法・用量を守っていれば、依存性に対し過敏になる事はありません。

副作用

記憶の欠如

殆どの方が副作用を感じる事はありませんが、稀に生じる方もいます。少量でも薬の効果を感じやすい方や、効果が倍増している場合、眠気を引き摺ってしまう事があります。強い眠気が残って起きられない、起きられても覚醒状態になるまでぼうっとしてしまい集中できない、気だるさが残りふらついてしまうなどが現れる事もあるので、薬を半錠だけ飲むなどの工夫をしてみましょう。それでも改善されないほどの副作用が発生する場合は中止した方がいいでしょう。

副作用の1つに、前向性健忘を生じる事があります。周囲から見れば普通に覚醒状態で行動している様子に見えますが、本人はその間の行動を覚えていません。その為、記憶がないのにスマホを弄っていた形跡がある、食事をしたり、部屋を移動していた形跡があるなど、自分にとっては覚えてないのに何かをした形跡がある為、不可解な出来事が起こっているような感覚に陥ります。

元々即効性のある薬なので作用が強く現れた時に、前向性健忘を生じます。飲酒しながら服用したり、定められた用量を超えたり、1日に服用する回数が増えた場合に起こりやすくなります。服用後も眠ろうとせずに過ごしてしまうと、半覚醒状態に陥り、薬が効いているのに効いていない状態になります。記憶する機能、海馬に影響するため記憶が欠落してしまい、行動しているのに覚えていない状態に陥ります。薬を飲んだら直ぐに布団に入る事で改善される傾向にあります。減薬するか、飲酒しながら服用しない事を徹底するか、効果時間の短い薬から、じわじわと効いてくるタイプや効果時間の長い薬に切り替えましょう。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は比較的依存しにくい薬ですが、長期間の服用にはやはり耐性もできてきます。少しずつ体が薬に慣れてくる事で耐性が付いてきます。耐性が付いたかは自分でも判断する事ができますが、心配なら医師に管理してもらうのも良いでしょう。自分で判断する目安では、薬を服用しても寝つきが悪くなる一方で効いてる気がしない、気が付いたら増薬していた、寝酒するようになったなどです。

参考サイト:前向性健忘について

病院処方と通販

海外からの輸入品

睡眠薬として厚生労働省から指定されていないため、ソナタ・ジェネリックを取り扱っている病院は多くはありません。取り扱っている病院を見つけても適正な価格が分からないのです。病院で薬価を定め、調剤薬局で薬剤師が調合し、処方薬として入手する場合、病院にて事前に問い合わせるか、実際に支払わないと価格はわかりません。

仮に、病院でも個人輸入通販サイトと同じように40円程で販売していたとします。純粋な薬価だけであれば同等の金額ですが、そこに薬剤師の調剤料、病院の診察料、病院に行き来する交通費、病院に使った時間。それらを考えると1ヵ月分を処方してもらうのにいくらかかるかは想像するしかありません。ソナタ・ジェネリックの処方以外でも、簡単な診察をして薬を貰うだけでも1,500円~3,000円は発生してしまう事もあるので、目安としてはそのくらいを想定すると良いでしょう。

個人輸入通販サイト(参考サイト:お薬なび)

ソナタ・ジェネリック10mg
10mg(100錠) 1錠 40円 4,050円

※1日1回1錠を就寝前の服用すればいいので、月額料金は30日分で換算すると1,200円です。

お薬なびを参考にした個人輸入通販サイトでは、1錠の薬価は40円。自宅や会社、出先など、ネット環境があればスマホ、パソコン、タブレットからでも24時間注文可能で、交通費も発生せず自宅に届けるか郵便局留めにするかも選べます。何より、通院している姿を誰かに見られる可能性がない上、注文した商品を、配送業者にも知られる事はありません。

個人輸入を利用する理由は人それぞれですが、金額面、交通面、時間の効率的な利用、他者に知られる心配、それらの心配や不安をなくしてくれるのが個人輸入です。

メリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

デメリット

TOPに戻る