イフェクサーXRは少ない副作用と確かな効果、バランスの良い薬です。

イフェクサーの効果

イフェクサーXR75

作用効果

セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害する。分泌された物質が役目を終え回収される事を再取り込みといいます。分泌後に、役目を終えないまま回収される物質も含まれます。その時、再取り込みを阻害するとセロトニンとノルアドレナリンが残ったまま作用を続け、脳内の神経伝達が円滑に行われるようになります。神経伝達物質を沢山生成させるのではなく、分泌された物質が使用されるまで留まらせておく為、補助的な作用をもたらすのがイフェクサーの役割です。

エフェクサーからイフェクサーへ

エフェクサーは1993年スイスで発売以降、SNRIに分類される薬として現役で使用され続けています。2015年12月に日本国内でも発売となった折、エフェクサーは、イフェクサーXRに名称が変更されました。そのため、同じ薬でありながらも、エフェクサーとイフェクサーという2種類の名称があります。SNRIはセロトニン、ノルアドレナリンを増加させる作用のある抗うつ剤で、同タイプにはサインバルタ、トレドミンが先に発売されています。

イフェクサーについて

イフェクサーXR150

SNRIはセロトニン、ノルアドレナリンを増加させる作用のある抗うつ剤で、同タイプにはサインバルタ、トレドミンが先に発売されています。


SNRIの種類は少なく、これまではサインバルタ、トレドミンだけが日本国内で処方できる薬剤でした。しかしトレドミンの効果は薄く、SNRIの薬剤を処方する場面では実質サインバルタが主要薬剤になっていました。日本でイフェクサーXRが発売された事により治療における処方の選択肢も広がりました。

精神に関わる疾患や病気などはまだまだ発展途上の分野ですが、現在分かっている限りであれば、セロトニンは不安感、憂鬱な気分、落ち込んだりとマイナスな部分に関わりがあり、ノルアドレナリンが気力や意欲などプラスの部分に関わっていると判明しています。SNRIはセロトニン、ノルアドレナリンを増加させる作用のある抗うつ剤なので、それらの回復に期待ができます。

イフェクサーがもたらす作用

明るい気持ちになれる場所

セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害して効果を発揮します。分泌されたこれらの物質が役目を終えると回収されるため、これを再取り込みといいます。再取り込みは、分泌後役目を終えなかった物も含まれ、再取り込みを阻害する事で役目を終えずに残ったままのセロトニンとノルアドレナリンが作用を続けて脳内の神経伝達が円滑に行われるように補助します。

使用されずに回収された神経伝達物質たちが多くなると、心や身体にも不調を起こすようになります。脳内に分泌されるセロトニンは、身体全体の中では僅か2%しかありません。だからこそ、不足したセロトニンによって、じわじわと身体を蝕むように、時には突然起こった出来事の様に心と身体に異変を与えます。

異変といっても具体的に何を指しているのかは、本人にならなければわかりませんが、多くの場合、痛みとして分かり易く現れる場合があります。時に、痛みを感じて鎮痛剤を服用しても、鎮痛剤が効いていない、効き難い、効果がないなどの経験はないでしょうか。

ノルアドレナリンは痛みにも関わっています。正常に分泌されている場合は些細な傷や痛みなど感じない程度の出来事が、ノルアドレナリンが正常に分泌されない事により頭痛、腰痛、肩痛などの症状を起こしてしまう事があります。うつ病を患う半数またはそれ以上の方が原因不明の身体の痛み、心因性疼痛、線維筋痛症を患っている事があります。

自分の目と経験で判断できる外傷と異なり神経やそれらに作用する分泌物、身体の内部の痛みは普段から目にする事ができない分、痛みやその程度を自分で判断するしかありません。ノルアドレナリンの分泌が正常に行われない事で、検査を行ってもわからない原因不明痛みを引き起こしてしまう事も覚えておいた方が良いでしょう。

イフェクサーXRは、うつ病などの疾患からくる痛みに対しても効果があると期待されています。サインバルタよりセロトニン作用が強めなので、分類上はSNRIに所属されてはいても、SSRIよりの作用を持つ抗うつ剤です。本来痛みとして認識されるはずのない痛みを感じている時に、イフェクサーXRを服用し、痛みが引くのであれば、ノルアドレナリン不足による痛みと結びつけて考えられます。

うつ病・うつ状態の方には適用薬として認められていますが、慢性疼痛、更年期障害、不安障害、パニック障害全般性不安障害、社交不安障害、PTSDの方は病院では適用外です。

これらの疾患は、海外では適用可能であると認められていますが、日本国内では適用外使用とされています。イフェクサーが向いているような方は、仕事・家庭を持ちながら治療したい、不安感があり、意欲・気力が出ない、原因不明の痛みがある、NaSSA使用中の方に向いている薬です。

副作用やデメリット

喉が痛い

セロトニン、ノルアドレナリン以外への作用は抑制されているため、副作用も少なく比較的安全に使用できます。イフェクサーXRはカプセルタイプで発売されているため、薬剤がゆっくりと溶けていき、副作用に多い下痢、吐き気を抑えてくれます。従来の薬剤の中でも比較的少ない副作用ですが、体質によっては副作用が効果を上回る事もあるので注意が必要です。

抗うつ剤の中でも作用時間が短めで、身体から成分が抜けるのが早いため離脱症状を起こしやすい可能性もあります。カプセルタイプのため、即効性があるというよりも、ゆっくり効いていくタイプになります。

副作用や効果のでやすさは治療中の症状や個人差(遺伝的に効き難い、効きやすい、体質)などによって変わります。離脱症状も出やすい人、出にくい人、全く出ない人に分かれるようです。

主な副作用には、倦怠感、吐き気、嘔吐、下痢、眩暈、注意力散漫、離脱症状、頭痛、喉の渇き、眠気、食欲不振、アクチベーションシンドローム、躁状態など。

眠気を生じる事がありますがそれほど強く現れません。眠気の強さはリフレックスやトリプタノールが強く現れ、パキシルはそこそこの強さ、ジェイゾロフトレクサプロ、イフェクサーが眠気を感じる頻度は低いといってもいいでしょう。不眠、頭痛などがやや多めの傾向にあります。腸内のセロトニンに作用した場合、吐き気が起こる場合があります。併用できる胃薬の例として、ガスター、ガスモチン、ムコスタ、タケプロンなどです。

低用量から大量に増量したり、いきなり高用量を服用した場合に副作用がおきやすくなります。

イフェクサーの吐き気、下痢が起こる理由

吐き気を催す

SSRIやSNRIはセロトニンを狙った作用があるため、副作用には吐き気、下痢などの胃腸に関わる副作用が目立ちます。吐き気も下痢も、薬が安定してくる1~2週間がピークだと言われています。


薬が身体に安定して定着するまでの期間が1~2週間なので、その期間を過ぎればあとは落ち着きます。イフェクサーに切り替えてから痩せた、痩せやすくなったと感じた方の多くは、初期の吐き気や下痢が要因のようです。

ところで何故吐き気や下痢などの胃腸症状が起こるのか?それにはセロトニンが大きく関わっています。セロトニンは脳内に僅か2%しかありません。身体の中でも90%を占めるのが胃腸です。身体の中に安定するまでは胃腸のセロトニンに多く作用してしまい、吐き気や下痢を催してしまうのです。

どちらも憂鬱になりそうな副作用ですが、頑張って前向きに考えてみると、なかなか出ないタイプの便秘に悩む人はお腹のぽっこりから解消されます。一時期でも太らないと考えれば、少しは前向きになれそうでしょうか。

イフェクサーの副作用がメリットになる時

足し算で生まれる発想

イフェクサーはセロトニンに作用する薬です。90%のセロトニンが胃腸に集中している為、吐き気、下痢などが起こる場合があります。その他、性機能障害や不眠などが起こります。どれも厄介な副作用ですが、これらをメリットに変える事はできないでしょうか。

吐き気、下痢は厄介な副作用です。慣れるまでこの症状が続いてしまいますが、下痢を逆転の発想と捉えるならば、太りにくいとも考えられます。この副作用が続く間は下痢が起こる事もある。けれど体重は増える可能性が極めて低いのです。

便秘気味の方にはある意味腸内を整えるチャンスです。胃腸の副作用が落ち着くと食欲が戻り、食事が美味しく感じる様になるので、嫌な副作用の後に楽しみがまっていると前向きに捉えましょう。

性機能障害は男性にとって大きな問題です。パートナーに対して申し訳ないと思う方がいる反面、独り身の人には別の方向に働く事もあるようです。

稀な症状かもしれませんが、脱・独り身を考えるようになり、パートナーを作ろうというやる気に満ちてくるようです。多くの男性には生理現象として行う日課が、性機能障害で困った自体になるかもしれません。

しかし、セロトニンの活動的な側面がアクティブに働き、1人より相手がいた方が絶対にいい!という気持ちを起こすようです。生理現象が起こって欲しくないなと感じる方にはメリットかもしれません。

通勤時の満員電車や会社で起こってしまって困ってるという方にも、ある意味好機かもしれません。パートナーがいるから困るという方は、朝服用する事で夜には体内の薬の濃度も下がるので、性機能障害は起こりにくくする事ができます。

そして、就寝時に困るのが不眠です。寝る時に困る症状ですが、よく考えてみると、日中の仕事中に寝ないのは助かります。眠気が起こるとどうしても集中できずに困ってしまいますが、眠気が起こらないのを利用して仕事できれば、業務も捗りそうです。

困った副作用を前向きに、自分に都合のいい方向に考えてみる。少々強引だと思うかもしれませんが、いい効果も副作用も、自分の身に起きる出来事です。副作用も利用できる物は利用してしまいましょう。

イフェクサーを断薬する場合

うずくまる女性

ある程度強い薬を継続的に服用していると身体の中に薬の成分が蓄積していきます。蓄積した成分が突然取れなくなった状態の時、離脱症状が起こる事があります。
血液中にいつも薬が入っていたのに、突然入ってこなくなったら?身体の中を満たしていた成分がなくなるので、身体は離脱症状という方法でいつものが来ないですよ!と主張します。

離脱症状は軽い物から重いものまであり、程度は人それぞれです。離脱症状はイフェクサーでも起こる為、減薬や断薬を行う場合は注意しましょう。

主な症状は倦怠感、イラつき、不安感、落ち着かない、眠れない、眩暈、頭痛、吐き気、シャッシャもしくはシャンシャンというような耳鳴り、頭の中がビリビリと痺れた感じです。

離脱症状が起こるケースの多くは、薬を中止しようと急に断薬を始めた時に起こります。特に、前もって離脱症状などの知識がないまま行うと、急な出来事に頭も身体も混乱してしまいます。

元々、1日1回の服用で十分な効果を得られるだけに、1日薬を止めてもちょっと調子が上がらないなと感じる程度なので、断薬による離脱症状とは気付きにくいのです。

身体の中を満たしていたイフェクサーの成分が少しずつ排出されていき、効果を感じなくなる時間まで約9時間程度です。デパスの6時間よりも3時間は長いですが、短く感じる方もいるでしょう。減薬するための基本は少しずつ減らす。数週間、数ヵ月かかる事もありますが、安全を考えたら時間をかけても遠回りした方が無難です。

イフェクサーの減薬方法

緻密な計画表

イフェクサーは薬の成分が抜けていきやすいので、いざ減薬を始めると、思った以上に身体から薬が抜けてしまってビックリするかもしれません。イフェクサーはカプセル錠なので、普通の硬い錠剤の様にピルカッターで割って使う方法ができません。微調整のしにくさが、離脱症状を起こす要因ともなっているようです。

1日150mgを服用していた場合、そこから減量するのは2通りの方法があります。
75mgの2錠を1錠に減らし、2日に1回の服用を2~4週間継続服用し、3日に1回の服用を2~4週間、4日に1回、5日に1回と、徐々に服用する日数の間隔を長くします。最終的に減薬から断薬に切り替える。

150mgを1錠であれば、2日に1回の服用を2~4週間継続服用し、3日に1回の服用を2~4週間、4日に1回、5日に1回と、徐々に服用する日数の間隔を長くします。1週間に1回の服用で問題なければ、断薬できる日も近いでしょう。

減薬にあたり、時間の間隔を長くして服用するメリットは離脱症状を軽くする為ですが、もう1つのメリットはイフェクサーがなくても普段の自分に自信をつける事です。

服用間隔が長くなればなるほど、服用しなくてももう大丈夫かなという自信がつけば、薬への精神依存は心配ありません。後は、身体の方で溜まっていた薬を忘れさせるのです。

イフェクサーの断薬、減薬が難しい時

絡まった考えを纏める

75mgの壁が大きい、断薬できない。そう嘆く方の中には、減薬と断薬を成功させる為に、色々工夫して減薬を続けていく方もいます。薬局や通販などで販売している空のカプセルを用意し、75mgや150mg錠を半分に分けれ入れ直したり、3つに分けて入れてみたり、試行錯誤して薬を減らしてみようという作戦のようです。

オブラートに包む方もいるようですが、それではゆっくり溶けるように作られたカプセル錠の意味を成さなくなります。オブラートに包むと、ゼリー状になって粉薬が飲みやすくなりますが、胃の中で溶けやすくもなります。お勧めはできません。

数mgでも異なると薬の利き方は変わってくるので、本当は何も手を加えずにカプセル錠を服用するのが良い方法ですが、減薬や断薬を行う為には致し方ないと、あえて解体を行うようです。その他の方法としては、イフェクサーの減薬や断薬目的で、あえて他の薬と併用し、他の薬でイフェクサーの効果を代用してやめる方法。

代用した他の薬だけで身体の状態が安定したら、徐々に代用したその薬も止めていくという方法もあります。ちょっと面倒だなと思うかもしれませんが、デパスのような強い薬でも使われている手法なので、薬を止められない場合に有効な方法です。

服用方法

水で服用

病院で初めに処方されるのは1日1回37.5mgのカプセルでしょう。初めての場合は低用量から初めて、副作用や体質に合っているか判断し、1週間後に1日1回75mgを食後に服用します。

その後も効果のあるなしを判断し、最高用量の1日分220mgを投与する事になりますが、増量する場合は体質の事を考え、1週間以上は間隔をあけて増量していきます。

効果が出始めるのが2週間後なので、1週間毎に増量し続けるより、増量したら2週間ごとに効果が出ているか、強すぎないか、副作用が目立つか確認をしていきます。症状の改善が出来ているのか判断するのに2週間程かかります。

イフェクサーには長年世話になっている、効果が出るのは分かっているが何度も病院に行って処方してもらうのが面倒、時間がないという方に通販はお勧めです。

75~150mgでセロトニン増加作用があり、用量を増やすごとにノルアドレナリンの効果は現れ、150~225mgでははっきりと効果が現れます。150~225mgの服用で副作用が辛いという方が現れやすいようです。

イフェクサーは太る薬?

体重計から悲鳴

結論から言えば、イフェクサーは太りにくい薬です。副作用からみても、食欲減退が5.3%に対し、体重増加は2.1%と、太りにくい薬に当てはまります。イフェクサーはセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用します。セロトニンの作用には、リラックスさせる効果と、代謝を抑制する作用があります。その為、太りやすくなるのです。

逆にノルアドレナリンは、意欲と気力を高める事で活動的になり、体内エネルギーが通常より代謝が亢進します。イフェクサーがノルアドレナリンに効いてくれるので、活発になり太りにくい傾向にありますが、セロトニンが多く分泌されるような作用を持つ三環系の抗うつ薬は、効果も高く副作用も強い薬で、太りやすいと言われています。

最も太りやすいとされているのがトリプタノールです。その他抗うつ剤では、抗うつ効果も高いリフレックスが太りやすい傾向にあるようです。

イフェクサー利用者の中でも患者数の多いうつ病は、世間一般のイメージでは食欲が無くなってしまい体重が落ち、食べる事が出来ない人もいますが、反対の症状が起きる場合もあります。過食に進んでしまうケースもあり、食べ過ぎてしまっても運動をする気が起きない、できないといった理由で体重増加がとめられない事もあります。

しかし、過食に悩んでいる人に対しては、過食の状態を軽くする事もあります。過食傾向のある人に対しては、過食を抑えてくれる、都合のいい効果を生み出してくれるでしょう。

太りにくい薬のイフェクサーですが、薬を過信しすぎてしまうと、体重増加してしまうかもしれません。暴飲暴食したり、炭水化物ばかり食べたり、食事のカロリーが1日の運動量をはるかに上回ったり、油っこい物ばかり食べたり、よく噛まずに柔らかい物ばかり流したりしていると、体重増加の手伝いをしているようなものです。

特にコレまで食欲が無く、久々に食べてから食事量が多くなった、自分の限界近くまで食べてしまう方はご注意を。身体が久々に栄養を摂取できる機会だからと、栄養を蓄える為に過剰に摂取してしまう可能性もあります。ある程度食事をすすめたら、もう少し食べれそうだけど、それほど欲しくないのを目安にして満腹にならないよう気をつけましょう。

ダイエットを考えている場合は、糖質を抜くのは止め、減らすに留める。たんぱく質をよく噛んで食べる。食事は3食とるように心がける。食事量や内容、時間帯を見直し、それでも過食や体重増加するのであれば、イフェクサーを減薬したり、薬を替えるという方法も残されています。

イフェクサーで痩せる?

体重を量りたい

痩せる薬というよりも太りにくい薬です。食欲減退の副作用があると思うと、これで痩せれるのではないかと考えてしまいますが、投薬当初から少ない量を服用していた場合、深刻になる程の副作用はおきにくいと言えるでしょう。75mgを服用しても副作用に悩まされる相性がよくない体質もいますが、大抵の場合はそこまで副作用や食欲減退に苦しむ事はありません。

生活に支障が出てくる程の食欲不振に陥るのは、イフェクサー75mgを2錠服用し、イフェクサーを150mgで服用した場合などです。ただし、これも稀な場合なので、必ずなると言うわけではありません。食欲不振になった場合、食事を美味しいと思わないのに空腹は感じる。食べないといけないのに、何かを食べたいという欲求が湧かないなどの状態が食欲不振です。

イフェクサーは1日に最大150mgまで服用できますが、増量した途端、副作用が辛くなった、食欲が減退したという事も起こる可能性があります。その場合は、元々服用していた用量に戻しましょう。

病院での診察費

財布をのぞく女性

イフェクサーの薬価は病院の方が薬剤の単価が安いこともあります。しかしそれは薬だけの価格なので、薬代に診療費と交通費、調剤や局で調剤料がついてきます。

自宅の近くにあっていつでも自由に通院できるのであれば困りませんが、大抵の場合、病院に行きたくない人や、いけない人が通販で購入するようです。

心療内科の診察料はピンきりで、およそ1300~2000円程度だと言われています。薬だけ処方して欲しくても、毎回カウンセリング(世間話や雑談、最近の出来事など)で処方してもいいか、薬を替えるかを判断するので、必ずと言っていいほどカウンセリングはついてきます。

このカウンセリングは、保険診療の範囲に含まれていない自由診療なので、保険証を提出しても安くはなりません。ほんの5分程度身辺状況を話しただけで1500円近く発生する事もあります。

相場は病院によって様々です。1分単位で価格を設定している病院もあるので、長引けば長引くほど診療費が膨れてしまいます。不安な気持ちや、誰かに聞いてほしくて病院に通う人も多いと思いますが、話を聞いてもらった分だけ診察料は発生します。初めて病院で診察してもらう場合は、事前に基本料金がいくらか、加算してく料金がいくらかを確認していた方が良いでしょう。

イフェクサーのメリット・デメリット

セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、セロトニン作用が強いSSRIよりのSNRIです。

メリット

デメリット

向いている人

TOPに戻る