エビリファイは痩せると若い女性の間に広まっていますが、本当に痩せるのでしょうか。

エビリファイは痩せる?

薬草

精神科系統の薬は体重が増加しやすい薬が多めです。女性にとっては年齢を問わず気になる問題でしょう。

精神科系統の薬には珍しく、エビリファイの副作用の1つに体重減少があります。販売元の大塚製薬が副作用のデータを公表しています。その中から体重増加、減少についてご紹介します。エビリファイは主に統合失調症、双極性障害の躁症状改善、うつ病(うつ状態)の治療に用いられます。服用している疾患により副作用の現れ方も異なるようです。

症状 体重増加 体重減少
統合失調症 2.96% 9.15%
双極性障害 9.38% 1.56%
うつ病
(うつ状態)
10.06% 0.21%

データを比較してみると体重の増加が起こりやすいのは、双極性障害やうつ病(うつ状態)の治療に服用した方。体重の減少が起こりやすいのは、統合失調症の治療に服用した方です。副作用の発生頻度は疾患時の脳の状態によっても異なるため、薬の作用も異なります。

データ上では、双極性障害の躁症状改善、うつ病(うつ状態)の治療では痩せた人は少ない傾向にあります。統合失調症では痩せやすい傾向にありますが、処方する医師側からみた場合も、大抵の場合、体重に変化はない、もしくは少々増加した程度のようです。

エビリファイに切り替えてから痩せたケースもありますが、これまで統合失調症で処方される治療薬は体重増加しやすい薬が多かった事が要因といえるでしょう。

エビリファイは統合失調症で処方される治療薬では新しい部類に入る薬です。これまで服用していた薬からエビリファイに切り替えたところ、痩せた、体重が増えなくなった、という現象が服用者の間に広まれば、エビリファイは痩せる作用をもたらす!という発想に切り替わっても不思議ではありません。ただし、症例によって痩せる原因も判明していないため、痩せないとも言い切れないところです。

エビリファイに痩せる効果はない?

横になる女性

抗精神薬に分類される薬のほとんどが太りやすい傾向にあります。そもそも太りやすいのは何故でしょうか。原因として挙げられるのが、抗ヒスタミン作用、そして代謝抑制作用によるものだと考えられています。


ヒスタミンは食欲を抑止する働きがありますが、抗ヒスタミンの作用によりヒスタミン受容体がブロックされると、ヒスタミンが食欲を抑止できなくなり、過食が進み太りやすくなってしまいます。また、抗精神病薬は心と身体を落ち着かせる働きがあります。良い働きだけなら良いのですが代謝も低下させてしまう為、脂肪や糖が代謝され辛くなりむくみや体重の増加を起こします。血糖値が上昇し糖尿病を起こし脂質を上げ高脂血症を起こす原因になります。

※抗精神薬のなかにはセロトニン2C(神経興奮や食欲抑制作用)の遮断作用もあるため、体重が増える原因になります。セロトニンは精神の安定作用だけではありません。脳・胃腸・血管に作用するため、セロトニン受容体によって様々な働きをもたらします。

エビリファイは抗精神薬のなかでも抗ヒスタミン作用、セロトニン2c遮断作用など、代謝抑制作用はありますが、これまでの抗精神薬と比較するとかなり弱い方に分類されます。これまでの薬と比べても太りにくい薬ではあります。正しい生活習慣で過ごしていれば、継続的に服用していても痩せるもしくは体重をキープする事が可能な人もいます。しかし、エビリファイを服用してから太りやすくなったという場合は、太り始めた頃の生活習慣を見直してみましょう。

抗精神薬を服用すると、体重が増える事を気にして食事の量や栄養バランス、1日3食を適切に守れているでしょうか。太りやすいから1日の食事量を減らしたり食事の量を極端に減らしたり、忙しいから間食や夜食を挟んだりインスタントや好きな物ばかり食べていないでしょうか。日々の疲れが溜まったからと休日は寝て過ごしたり家から出なかったりといった生活ではないでしょうか。これまでの生活を見直す事で、太りやすかった、太った身体から、痩せた、痩せやすくなった身体に改善される可能性もあります。

エビリファイで痩せる理由

足の細い女性

エビリファイの服用で痩せる要因について、「疾患による副作用の発生頻度や疾患の脳によって状態が異なるため、薬の作用も異なります。」と記述しましたが、痩せる事に繋がる要因をもう少し掘り下げましょう。


統合失調症の治療中は活動量や活動域、食欲も低下する事があるため、これまでの薬では太りやすかったのにエビリファイに変えたところ体重が安定した。これまでの薬では体重が安定し太りもしなかったのにエビリファイに変えてから痩せたなど、統合失調症で引きおこす症状や行動と薬の作用が連動している場合もあります。服用を続ける事でエビリファイの効果が現れ始め、陰性症状が改善されてくると活動的になるため、元々太りにくかった人は消費エネルギーが多くなった事で痩せやすくなっている事も考えられます。

では、統合失調症の治療以外で痩せた原因は何でしょうか。エビリファイの副作用には、悪心(吐き気)、食欲不振、嘔吐、下痢を起こす可能性があります。販売元である大塚製薬が公表するデータを見てみましょう。

これまで使用していた薬、もしくは抗精神薬を初めて服用する場合、新しい薬に体が慣れず悪心(吐き気)、食欲不振、下痢が体が薬に慣れるまで継続して起こってしまえば体重が減少する事もあるでしょう。

上記のような副作用は体が慣れる約1~2週間程で落ち着いてきます。吐き気や食欲不振、下痢、嘔吐などが1~2週間も続いてしまえば、体重が落ちた、痩せたと感じるのも無理はありません。カゼなどの体調不良で数日間上記の様な症状があった時に体重が減少したという覚えのある方なら、納得しやすいのではないでしょうか。

これら副作用によって痩せているのであれば、あまり喜ばしい事ではありません。嘔吐や下痢などを繰り返していると体に必要な水分、ミネラルなどを失いバランスを崩しやすくなります。痩せる原因として上記の副作用が関係していて、かつ長引くようなら薬を変えた方が良い事もありますので、医師に相談して自分自身に合った薬を見つけましょう。

統合失調症 双極性障害 うつ病
(うつ状態)
悪心(吐き気) 3.63% 8.85% 4.42%
嘔吐 2.29% 7.81% 2.85%
下痢 0.54% 3.13% 1.14%
腹部不快感 3.10% 1.04% 1.50%

統合失調症とエビリファイ

統合失調症とエビリファイ

エビリファイは世界各国で利用されている強力な精神安定剤です。元々は統合失調症に対して効果が期待できる薬として認可されましたが、それ以外の効果もあるという事がその後分かってきました。

統合失調症だけでなくうつ病やうつ症状等にも効果が期待できる物としてよく知られています。統合失調症だけでなく双極性障害やうつ症にも効果が期待できる薬としても有名です。

エビリファイはこれまでの統合失調症の薬と比較しても副作用が少なめです。
神経伝達物質のドーパミンは、過剰に分泌されると妄想や幻覚などを引き起こす事があります。不足しすぎもやる気を失う原因になる為、バランス調整が大事です。統合失調症の原因はドーパミンの過剰分泌、不足による脳内神経物質の以上によるものだと考えられています。

統合失調症では陽性症状として妄想、幻覚が見えるのが有名ですが、それもドーパミンの過剰分泌が原因です。逆に、陰性症状には意欲減退、感情鈍麻などがドーパミンが不足すると起こります。

ドーパミンが出る要因と効果

好きな女性が多いケーキ

好きな物を食べる時、褒められた時など、嬉しい、快感を感じている時、旅行や遊びに行く時、計画を立てている時にも出ています。楽しみにしている事の前夜は目が冴えて眠れない!というのもドーパミンが分泌されているから。

ちなみに、自分を誇示したり自慢したりする事でも快感になるので、男性は愚痴や苦労自慢、説教などでもドーパミンを出して快感を感じています。

女性の場合、相手の反応で出る出ないが決まります。相手が自分の境遇に共感してくれる事で快感を感じます。相手が自分の愚痴に共感してくれなかったり、逆に説教されたり、否定されたり話を遮られるとストレスを感じます。

統合失調症に男女比率の差はないとされていますが、若干男性の方が割合が大きめです。考えられる理由としては、女性はドーパミンを出すコツを心得ているからかもしれません。女性同士話の内容に中身は無く、噛み合わなくても、愚痴を言って相手が共感してくれれば快感は得られます。仮に快感を得られずとも、好きな事に夢中になったり、好きな物を食べたり、恋をしているだけでもドーパミンを得られます。

男性の場合、自分の話が余程面白いと感じない限り、相手は自慢話や説教を聞こうとは思いません。好きな物に夢中になったり好きな物を食べたりという行為も、パートナーや家族がいるとなかなか好きにさせてくれない環境も原因かもしれません。

エビリファイと副作用

エビリファイはドーパミンが過剰分泌されるのを防ぎ、不足している時は補ってくれる働きがあります。また、エビリファイは従来の統合失調症の薬に比べると副作用が少なめとなっています。しかし人によっては不眠、イライラ、頭痛、めまい、食欲不振、体重減少等が起きてしまう事もあるので注意が必要です。

抗不安薬や向精神薬の多くは効き目が強い分、副作用で太ることも多いのが女性服用者の悩みでもあります。血糖値が上がる事もあり、のどの渇きを感じる事もあります。少し水分補給すれば改善される程度であれば問題はありませんが、どれだけ飲んでも渇きをいやす事ができない時等は処方してくれた医師に早めに相談しましょう。

離脱症状は出にくい薬ですが、服用していた量、期間によっては症状が現れる事が予想されます。主な症状は吐き気ですが、徐々に薬を減らしていくことで、それほど大きな症状を感じないで薬をやめる事ができます。

副作用にはアカシジアを発症する方もいます。子供や若年者よりも、年配の方に出る事が多い症状です。主に、落ち着きが無くなり、じっと座る、立ったままの状態ができず足踏みをする。歩き回ったり手足が勝手に動くという症状です。本人にはあまり自覚が無く、人に指摘されて気付くケースが多いでしょう。長期間服用する事により発症しやすくなります。

エビリファイとジェネリック医薬品

数種類の薬

心を落ち着かせる効果がある薬の一つがエビリファイで、様々な精神疾患に対して効果がある薬として、多くの病院で利用されています。

この薬の良い所は、ドーパミンが過剰になる事を防ぐだけでなく、不足している時はそれを補う事ができるという点です。これは他の薬にはあまり見られない特徴と言って良いでしょう。

また副作用が出にくいだけでなく、錠剤、顆粒、内服液等のタイプにも出来るので、多くの人が利用できます。エビリファイのジェネリックの一つがアリビプラゾールです。 インドの大手製薬会社の一つであるトレントファーマ社が作っている物で、同じ効果が期待できる薬となっています。副作用として多く報告されているのは口が渇く、頻尿、脱力感等です。 また頭痛、めまい、体重増加などを感じる事も少なくありません。
出来るだけ安全に使う為にも、使用上の注意等をよく見て正しく服用しましょう。

また1日に摂取できるのは30㎎までです。
それ以上服用すると副作用が出やすくなるので注意が必要です。
効果が出てくるまでには約2週間は必要となります。

何も変化が出ないからと言ってすぐにやめてしまうのは良くありません。
また併用禁忌薬があるので、利用する際、他の薬を飲んでいる人は注意しましょう。
基本的には使い易い薬ですが、肝機能障害等がある人は服用できません。
また肥満の人、高血糖の人等は服用を始めたら定期的に血液検査をする方が安心です。

エビリファイとジェネリック医薬品について長所や副作用をご紹介しました。
医師も医薬品も自分に合うかどうかは試してみなければ分からないところが病院と医薬品選びの難しいところです。

他人が絶賛する医師や薬が自分にとっては辛い経験や副作用があるかもしれません。
不満はあるけど妥協しなくちゃいけないと、割り切る事も前進する為に必要な事ですが、治療を続ける為にはじっくりと時間をかけてもいいと思える程の心の余裕も大切です。

医師も医薬品も自分自身に合うまで根気強く探し続けましょう。

エビリファイは痩せる効果は持ち合わせない

シャボン玉を作り出す人影

薬の副作用や効果について理解が深まったところで改めて疑問に思っていたエビリファイが痩せる薬なのか、それとも太る薬だったのか気になるところです。治療中の副作用や効果が現れる事で痩せるのか、太るのかが治療内容と服用者との体質で人それぞれ異なるようです。


しかし、これまで服用してきた薬よりも大分太りにくくなったという事もデータには現れているので、服用中の薬で太ったと悩んでいる方は、薬を変更してみるというのも治療を中断するよりは良いでしょう。これまで服用した薬では特に大きな変化はなかったのに、エビリファイを服用してから痩せるどころか太ったという方は、副作用以外に原因はなかったか思い当たる事は全て洗い出してみましょう。

エビリファイの副作用だけでなく、自分自身のライフスタイルが原因の1つで太ってしまった場合の改善に以下のような方法もあります。この方法で大事なのが、決して無理をしすぎない事、生活を急に変える方法は避ける事です。1日20分の散歩だけでも20分以上行えば、全く行わないよりも運動の効果はあります。日々の疲れでやる気が出ない気力がない、体力がないなど、消極的になりがちですが、少しずつ、自分のペースで運動できる心の余裕を持ちましょう。

休日は買い物ついでにいつもより遠回りに街を散策したり、通勤時間に余裕を持って少しでも歩く時間を増やしたり、就寝前に簡単ストレッチをするなども運動の第一歩として効果的です。突然激しい運動やジムに通い始めても、日々の忙しさや疲れによって継続する事は困難でしょう。突然これまでの生活にやりたくない事を無理やりねじ込む必要はありません。テレビを見ながら、洗濯しながら、洗い物をしながらなど、僅かな時間でも自分のペースでできる事を、少しずつ地道に継続していく事を目標にしましょう。継続していく事に慣れ、少しずつ目標を大きくして負荷を増やしていけば、継続もしやすいのではないでしょうか。

ライフスタイルに問題なく、かつ精神状態も安定しているようなら薬の量を減らしたり、太ってしまう事について真剣に考えている事を医師に伝えましょう。意思疎通が上手くいっていない状態や、患者の状態に対して医師の認識が甘いようなら、太る事について患者が真剣に悩んでいる事を理解していない、もしくは理解できない医師もいます。太る事より現在の精神を良好な状態に保ち続ける事を重点として考えている医師もいるかもしれません。

悩んでいる本人にとってどれだけ重大で真剣に悩んでいても、医師が理解を示さなければ、今後の治療にも良くない影響が出てくる可能性があります。投薬を止めてしまうおうか思い悩む前に、自分に合うほかの薬がないか、医師に相談してみましょう。

それでも理解を得られない、納得できる治療が行われない場合は、病院を変えるというのも1つの手段です。医師とウマが合わなかったり理解が得られなかったりすると、患者も医師に伝えるべき事を伝え辛くなったり伝えるのが面倒になったりと医師との関係に溝ができてしまうかもしれません。合わない医師の元に通い続けて治療を途中で中断するより、時間をかけても通いやすい病院を見つけましょう。

TOPに戻る