四環系抗うつ薬と三環系抗うつ薬、使用者を選ぶこの抗うつ薬は、効果と副作用からみて使い勝手がいいのはどちらでしょうか。

四環系抗うつ薬と三環系抗うつ薬

薬の種類

効果が強く副作用も強い、ハイリスクハイリターンな薬、三環系抗うつ薬の副作用だけを軽くしようという背景から四環系抗うつ薬の誕生が誕生しました。デパスのように即効性のある睡眠導入効果がある薬には、眠りを早める代わりに睡眠の質が落ちる=睡眠が浅くなる作用もあります。

四環系抗うつ薬には睡眠の質を良くし、眠りを深くする効果が備わっているので、特に睡眠を重視して治療を行いたい場合に選択肢として四環系抗うつ薬が挙げられます。

当サイトでご紹介している抗うつ薬の多くは神経物質、セロトニンの働きを助ける薬で、興奮作用や覚醒作用に秀でている薬です。これからご紹介する四環系抗うつ薬は、セロトニンではなく、ノルアドレナリンという神経物質の働きを助ける効果に秀でています。ノルアドレナリンには主にやる気や気力の下がり具合に関係しています。

ノルアドレナリンの働き

意欲と気力

四環系抗うつ薬が作用するのはノルアドレナリンです。意欲や気力に作用します。

意欲:積極的に何かを行おうという精神的な力
気力:物事を成し遂げる為の精神的な力

ノルアドレナリンが分泌されると以下のような働きがあります。

アドレナリンの過剰分泌

攻撃的になる

アドレナリンは運動能力や集中力、学習能力の向上、意欲アップにリーダーシップを発揮しやすいなど良い面も多く見られますが、過剰に分泌してしまうと反動も大きくなります。

アドレナリンが過剰に分泌されてしまうと、興奮作用があるため、攻撃的になったり自律神経失調症の症状が現れてしまう事もあります。

心拍数や血圧が上昇する事で高血圧症、心疾患になる可能性があります。その他、血糖値が上がり糖尿病の恐れや、交感神経系が興奮する事で副交感神経系が抑制されてしまい、不眠症などもおきやすくなります。

四環系抗うつ薬の副作用

四環系抗うつ薬の副作用で多く見られるのが眠気。多くの方が眠気を経験します。三環系抗うつ薬よりも副作用が少なくなりましたが、眠気だけは多く現れるので、抗うつ薬としての反応を期待されるより、睡眠薬として認識されているのではないでしょうか。

ルジオミール

ルジオミール

四環系抗うつ薬として初めて承認・発売されたのがルジオミールです。三環系抗うつ薬に多かった抗コリン作用という、口の渇き、動悸、排尿困難などが少なくなった薬で、1981年に発売されてから、SSRIが発売されるまで副作用の少ない薬として多くの方に処方されていました。

45~46時間という半減期の為、薬が身体の中に長く留まりますが、その分眠気が起こりやすく、1度眠気を感じるとその副作用が長く続く為、就寝前が主な使い方でした。

口の渇き、便秘などの胃腸系の副作用が多く見られ、次いで眠気、不眠、神経過敏、眩暈が起こりやすいようです。突然投薬を中断した場合、離脱症状が起こる場合があるようです。三環系抗うつ薬で新生児の呼吸困難が確認された為、妊婦や授乳中の方には投薬は望ましくないとされています。

テトラミド

テトラミド

うつ病やうつ状態に効能があると確認されているようですが、少量でも眠気を感じる事が多いため、睡眠薬用として処方する医師や睡眠薬として処方を望む患者も多かったようです。テトラミドの薬には眠気の副作用が多く確認される為、不眠で悩む方に人気でした。セロトニンを増やす働きは無く、ノルアドレナリンを増やす働きを持っています。

18時間という半減期の為、特に副作用でも眠気を感じる事が多いようです。口の渇き、眩暈、ふらつき、便秘などの副作用も確認されている為、日中には使いづらく就寝前に睡眠薬として服用する方が多いようです。

テシプール

テシプール

テトラミドを改良して副作用を少なくさせる予定のはずでしたが、眠気の強さは変わらず出てしまいました。うつ病に適応するとしていますが、抗不安効果や抗うつ薬というよりも、不眠になった場合の睡眠薬として使用される事が多かったようです。

四環系抗うつ薬のまとめ

熟睡中

四環系抗うつ薬の立場は、副作用が少なくなったが抗うつ効果も弱まってしまった為、利点として残るのは眠気を起こすこと。就寝前に服用するのであれば心強いですが、離脱症状も起きやすいのが難点です。

睡眠薬として利用するのであれば、セディールのような離脱症状が起きない薬が人気が出てきているので、抗不安効果がマイルドで副作用が多い四環系抗うつ薬ならば、同じくマイルドな効き目のセディールをオススメしたいところです。

三環系抗うつ薬の誕生

リスクを負う程リターン大

抗うつ薬として最初に開発されただけあって、効果の強さはSSRIに匹敵、もしくは凌ぐかもしれません。三環系抗うつ薬の誕生から抗うつ薬は、薬の効果の強さ、副作用の少なさを求めて改良が始まっていきました。効果の強さや副作用の多さを一言で表すならば、ハイリスクハイリターン!まさにデパスのような強さを持つ薬です。

抗うつ薬を初めて使う方は、セディールのようなマイルドな効き目や、バスパー・ジェネリックソナタ・ジェネリックのように副作用が抑え目の物が初めに処方されます。

レクサプロの様に長時間タイプの薬、ジェイゾロフトの様に安全性が高い物、パキシルのように強くて効きがはっきりしているSSRIや、イフェクサーの様に副作用が抑え目のものなど、だんだん効果の強さのランクが上がっていきます。

その上で、効果がどれも出なかった場合に処方されるのが三環系抗うつ薬です。前述しましたがハイリスクハイリターンな薬です。これまで優しい効き目や抑え目の副作用の抗不安薬や抗うつ薬とは異なります。

効きの強さも明確ですが、副作用の強さも段違いに上がるので、あまりのきつさに断念する人も出てくるほど。その替わり効きの強さは確かです。

抗うつ薬の強さ

副作用の良し悪しに関係なく、純粋に効果の強さに順位付けをするならば以下の通りです。

1.三環系抗うつ薬
2.NaSSA
3.SSRIとSNRI
5.四環系抗うつ薬


強さだけをみると三環系抗うつ薬が強さでは秀でていますが、効きの強さが副作用にも現れているので、一長一短の落差が激しいのも特徴です。

抗うつ薬の副作用

副作用

副作用の多さを順位付けをするならば以下の通りです。

1.三環系抗うつ薬
2.四環系抗うつ薬とNaSSA
3.SSRIとSNRI



やはりハイリスクハイリターンな薬だけに、三環系抗うつ薬が最も副作用が多い薬になってしまいました。NaSSAの強さは順位こそ2位でしたが、副作用の多さも目立ちます。

残念なのが四環系抗うつ薬です。三環系抗うつ薬を改良する為に誕生したはずですが、効果の強さは最下位の上、副作用の多さではNaSSAに並んでしまいました。

そして、強さ、副作用の少なさと安定して使えそうなのがSSRIとSNRIです。どちらも効果は弱くありませんし、副作用も抑えられているので、病院でも処方しやすい薬です。

発症したくない副作用

口臭を防ぐ手

三環系抗うつ薬の副作用は多いと前述しましたが、特に誰でも気になる副作用が口渇という口の渇きです。一見、口が渇くだけだという気がしますが、この副作用はマナーやエチケット問題に関わるようなデリケートな問題があります。

口渇という口の渇きによって、口臭が現れやすくなる為、男性も女性も気になるところではないでしょうか。特に接客業や仕事でずっと話さなくてはいけない職業の方には、エチケット問題にかなり気を使いそうな副作用です。

三環系抗うつ薬トフラニールの効果

トフラニール

トフラニールはうつ病の治療だけでなく、遺尿症(就寝中にお漏らししてしまう夜尿症)の治療としても使用される事があります。かなり古い歴史を持つ抗うつ薬で、1959年7月に発売されています。効果の強さは確かですが、副作用の強さや多さが仇になり、使い続けられない方も出てしまうため、現在は第一選択肢として外されてしまいました。

様々な抗うつ薬を試してそれでも効果が出ない場合に選択される薬です。うつ病やうつ状態の症状で保険適応とされています。保険の適応がない、自費負担の場合ならば、慢性疼痛、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛にも処方される事があります。

少量でも比較的早く鎮痛効果を出してくれ、やる気が出やすい薬でもあります。

トフラニールの副作用

カラフルな飴

特に多い副作用にはコリン系副作用という、口渇という口の渇きや便秘が起こりやすいです。飴をなめたり水を飲んだりといった副作用を対処する方法もありますが、その分トイレが近くなるようです。飴を舐める事で血糖値にも関わってくる為、トイレに行きにくい人や血糖値が気になる方にはあまりお勧めはできません。
緑内障患者にも使用禁忌とされています。眠気の副作用は少ないとされています。

ノリトレンの主な効果

1971年に発売されたノリトレンは、SSRIなどの薬でも効果を得られなかった場合に選択されている薬です。現在は副作用が目立つ為、第一選択肢としては外されているようです。ノルアドレナリンを増加させて作用する事に秀でているため、抗不安効果よりも、意欲ややる気を向上させる効果の方が高くなっています。うつ病やうつ状態に適応しています。

ノリトレンの副作用

ノリトレン

口渇という口の渇き、眠気、便秘なども副作用として現れますが、三環系抗うつ薬の中では比較的副作用が抑え目のため高齢者に使われることもあるようです。

しかし抗コリン作用があるため、緑内障や前立腺肥大の症状がある場合は悪化させてしまう可能性があります。投薬中止により離脱症状も起きやすい薬です。

トリプタノールの効果と副作用

お腹のお肉を摘める

トリプタノールは、1961年に発売された三環系抗うつ薬の中でも、特に強い効果を持ちます。セロトニンとノルアドレナリンを増加させる作用を持つので、リラックス効果だけでなく、やる気や意欲も向上させます。しかし、広範囲に効いてくる薬、しかも強い薬となれば、副作用も強く出てきます。

特に体重増加と眠気を感じる方も多いようです。眠気の方は就寝前に服用する事で改善もできます。体重増加は対処法が難しい為に、服用を続けているうちに気付いたら何十キロも増えていたケースも多いようです。

アナフラニール

アナフラニールは1973年に発売され、ノルアドレナリンを増加させることに特化している三環系抗うつ薬が多い中、セロトニンに作用する事に優れています。重いうつ病患者に薬を服用する事すら困難な場合に、アナフラニールの点滴製剤を用いることがあります。

アモキサン

アモキサン

セロトニンよりもノルアドレナリンの増加に作用し、ドーパミンを遮断する働きもあります。ドーパミンを遮断する事で統合失調症の幻覚妄想を抑制できる効果を期待されています。その為、妄想や幻覚を発症するうつ病に対しても効果を期待されています。

三環系抗うつ薬の中でも、比較的新しい部類に入る為、三環系抗うつ薬の中では、副作用が少ないとされています。その分、効果も薄れる為、三環系抗うつ薬としては、副作用は少ないが効果が弱いという部類に入ります。

しかし、三環系抗うつ薬は効果が強い割に、効果を感じはじめるのが遅く、2週間程でやっと効果が現れますが、アモキサンは服用開始から1~2週間程で効果を感じられます。

プロチアデン

プロチアデン

セロトニンや、ノルアドレナリン増加に作用します。抗うつ薬の中では、トリプタノールと同等の強さがあります。SSRI、SNRIで効果が感じられなかった場合に選択肢になります。薬は強めですが即効性はなく、効果を感じるまでには1~2週間位の時間が必要です。

副作用は抗コリン作用により口渇という口の渇き、便秘や排尿障害、ふらつき、かすみ目など、副作用が発生する可能性があります。尿閉と言われる膀胱に溜まった尿を出したくても出せない症状や、眼圧が上昇する可能性もあります。

その他、抗ヒスタミン作用により眠気が起こる場合もあります。血管が拡張して起こる起立性低血圧が起こる可能性もある為、高齢者の転倒を起こす恐れもあります。

スルモンチール

辛くて動けない

セロトニンやノルアドレナリン増加作用を持ちます。特にセロトニンに強く作用し、不安感、焦燥感、睡眠障害に 有効となる沈静作用に特化しています。ただし即効性は無く効果を感じるまでには1~3週間ほど時間を要します。

副作用は抗コリン作用により口渇という口の渇き、便秘や排尿障害、ふらつき、かすみ目等、副作用が起こる可能性があります。尿閉と言われる膀胱に溜まった尿を出したくても出せない症状や、眼圧が上昇する可能性もあります。

その他、抗ヒスタミン作用により眠気が起こったり血管が拡張して起こる起立性低血圧が起こる可能性もある為、高齢者の転倒を起こす恐れもあります。セロトニンに強く作用しすぎるのが欠点となる事もある為、過剰分泌された際にセロトニン症候群が起こる可能性があります。

三環系抗うつ薬まとめ

リスクか安全か

セロトニンやノルアドレナリンに効果をしめる為、多方面に効いてくれる。効果も強いのでSSRIやSNRIで効果を感じない場合、三環系抗うつ薬が選択肢として使える。しかし広範囲に効く反面、副作用の発現率も高く、抗コリン作用や抗ヒスタミン作用が強く現れてしまう。心臓に悪影響を及ぼす毒性も強い為に第一選択肢として使われることは無くなりました。

効果を感じ始めるのもSSRIよりも遅い為、早くて1週間、通常で1ヵ月以上はかかってしまう為、即効性のあるデパスの方が優先的に処方されていました。

そのデパスも依存性や離脱症状が激しく出る為に、近年は選択肢として提示する医師は激減しました。現在でもすぐに処方してしまう医者はいますが、数日や半月程度などの短期に限った場合でしょう。

長期間の処方になりそうだと判断した場合、副作用が少なくて効き目が早いSSRIを処方するケースが年々増加しています。三環系抗うつ薬の出番は、SSRIやSNRIなどを一通り試してそれでも効果が確認できない場合に処方されます。

三環系抗うつ薬のハイリスクハイリターンな副作用と効果を感じるのは患者です。体調を考慮するなら、離脱症状や副作用は少ない方が断薬も行いやすくなります。

TOPに戻る